teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お世話になりました

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年10月18日(木)11時16分52秒
返信・引用
   同級会ではお世話になりました。私の参加はこの5年で4回、それ以前の参加がありませんで、同級生の人柄はおろか消息さえも殆ど知らないまま過ごしてきたせいか、毎回の参加が新鮮で刺激的です。今回の参加はこうした交わりの他に、もう一つ楽しみにしていたのは約40年ぶりの伊良湖岬の風景。大阪府の片隅に住んでいると、大した都会でもないのに光害で天の川を何年も眺めたことがない、田原市の天気予報を調べると16日夜半からは晴、未明なら天の川が、日の出には輝く波涛が、更に運が良ければ日出の石門に上がる太陽が撮れそうと。
 深夜1時半、起き出して屋上に上がってみるとほぼ全天の曇り空、僅かな雲の切れ間に星を見ることはできても、雲の流れが速く撮影はとても無理、おまけに足元にはいつの間にか降った雨でできた水たまりがあり、スリッパでは歩くのも困難な状態でした。諦めらられず再度4時過ぎに床を抜け出し、今度は靴を履いて屋上に出ました。星は殆ど見えませんでしたが、早朝の海は漁船が動き出したのでこれを狙いながら日の出を待つことにしました。
 日の出の時刻、東の空にかかった雲は切れそうもなく、海岸に降りるのは止め屋上にそのまま留まりました。太陽が見えたのは大分高くなった後、そんな一部始終を画像で報告、幹事さんや皆さんへのお礼とします。1枚目の赤い線は漁船の灯りの動きで30秒露光を数枚重ね合わせたものです。
 
 

伊良湖同級会、楽しかったです

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年10月18日(木)09時56分20秒
返信・引用
   〇 伊良湖ビューホテルでの同級会に出席された皆さん、お疲れ様でした。1年ぶりの顔合わせでしたが、この間にまた3人のクラスメートが亡くなったの報告があり、同年代の厳しさを思い知らされる集まりとなりました。心よりお悔やみします。でも会自体は幹事の皆さんのご努力もあって本当に楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。私は会が終わった翌17日、新美君のクルマに便乗させていただき豊川駅の駅舎内で開かれている白井君の絵手紙展を拝見し流山の自宅には午後4時頃帰りました。新美君ありがとう。

 〇 次回同級会の幹事は関東地区が引き受けることが決まり、代表幹事に阿部君が選任されました。関東地区在住者一同、頑張りますのでよろしくご協力のほどお願いします。

 〇 同級会のスナップ写真がありましたら、どなたか適当にアップ願います。
 

幸運に恵まれて

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年10月11日(木)13時46分23秒
返信・引用 編集済
   同級会を前にご報告です。昨年春から町の写真クラブの世話役を引き受けた手前もあって、仲間と共に公募展に私も応募するようになりました。この秋は昨年と同じ高槻市美術展と茨木市美術展に加えてもう1件を予定しており、終了若しくは開催中の2件では幸運にも入選、内1件は入賞することができました。
 入賞作品はモノクロ写真で、応募件数が少ないだけに奇麗なカラー風景などが揃う中で目立ったのでしょうか、幸運にも賞を頂くことになりました。「夏日」と題し、土塀の傍を歩く和服の女性を後ろから狙った画で、京都上賀茂でのスナップです。
 同級会のお土産にはなりそうもありませんので、昨日奈良県宇陀市竜王ケ淵と斑鳩町法起寺で撮った画を貼っておきます。
 

愛知県で震度3

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年10月 7日(日)10時36分50秒
返信・引用 編集済
  愛知県東部を震源とする地震があったようですね。被害はありませんでしたか。
https://www.jma.go.jp/jp/quake/
震源は北緯35.0度・東経137.6度と発表されているので鳳来寺山辺り。
大阪北部の我が家でも、偶々机に向かい両腕を机に置いてパソコンに向かっていたためか、ゆっくりした揺れを数秒感じました。
楽しみにしている同級会への影響はないとは思いますが・・・
 

同級会だより その 3

 投稿者:力石和子  投稿日:2018年10月 3日(水)11時53分58秒
返信・引用
  台風24号は「停電」という置き土産をこの地方に残してくれました。
我が家は午後11時半から翌朝の5時20分まででしたがすぐ近くの家は翌日の夜まで停電でした。

 同級会まで二週間をきりました。みなさん、体調はいかがですか?夜と昼の寒暖の差がありますので風邪など召されないようになさってください。

 出席者は34名、うち宴会をすませたあとタクシーで渥美線田原駅へ向かう方が4名います。

宿泊者は30名うち女性は9名です。

二次会は、ちょっと狭いのですが和室でカラオケなしです。

 当日の受付は午後2時30分から1階ロビーでいたします。
ホテルの大型送迎バスで20名余いらっしゃいますが、14:50頃ホテル到着です。

部屋割りと会食の席は受付でくじを引いて決まります。
各部屋へは15:00から入れます。なにしろ大きなホテルですので、メモをお渡しいたします。

会食 18:00~20:00 2階「黒潮」(売店の隣り)丸テーブル

すぐ集合記念写真 伊丹さんが撮ってくれます。翌朝お渡しします。

二次会 宿泊する同じ階 和室 いろいろ持ち込みます。(ホテル黙認)

朝食 7:00~9:00 2階 サンセット グリルブッフェ(バイキング)

自由解散 豊橋駅までノンストップバス 11:00出発  以上のような流れになっております

くれぐれも体調にご留意ください。幹事一同お待ち申し上げます。








 

台風一過

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年10月 1日(月)18時56分21秒
返信・引用 編集済
   近畿襲撃の予報が出ていた台風24号、TVやパソコンで見る位置情報では最接近と思われる時刻夜の9時になっても、当地は雨こそ強まったものの風は殆ど吹かず、騙されたと思うほどでした。時間的には既に遠ざかったかと思われる10時ごろから急に北風が強まり1時間ほど荒れましたが、11時少し回った頃静かになりました。予報で伝えられる通り急に強まりあっという間に過ぎ去った台風でした。
 当地は9月4日の台風21号以来、晴れた日は数日しかなく異常に長~い秋雨シーズンを送っていましたが、さすがに今日は台風一過の快晴、風も涼しく強い日差しも余り気にせずに昼の散歩を楽しみました。今回の台風の被害は21号に比べると軽微と感じましたが、天王山など余り高くもない山も尾根筋は先の台風で倒木などの傷みが一層目立つようになりました。
 実りの秋を迎えた水田は倒伏は免れて、農家の庭先では鶏が遊んでいました。
 

台風

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年10月 1日(月)14時39分15秒
返信・引用
  昨夜の台風24号には困りました。雨はたいしたことなかったものの、風が強く雨戸をガタガタ鳴らすのでほとんど熟睡できませんでした。朝起きて家の前を覗くと、長さ5-6メートルはありそうな直径30センチくらいの樹が風で根元からバッサリ倒れ公園の小径をふさいでいました。地主が分からないのでどう対処したものかと頭をひねっているところです。報道によればことしの台風上陸は目下のところ平年(平年値2.7個)の2倍の5個。そしてまたまた25号が発生したとか。本当に困ったもの。できたら上陸だけは避けていただきたい。皆さんのところはいかがでしたか。  

留学生と国際交流しました

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 9月27日(木)15時51分6秒
返信・引用 編集済
  昨日、海外からの留学生だけを対象にした某大学の書道教室に付き添いとして行ってきました。家内と娘が企画立案した催しで、約30人の1年生が参加、私も久しぶりに筆を取り、外国人を指導? いたしました。海外留学生の新学期は9月から始まったばかり。このため彼らはまだ来日して1か月も経っておらず、日本語はほとんど挨拶程度しかできませんでした。もちろん習字などやったことはなく(中国人は除く)、筆の持ち方から姿勢、書き順など基本中の基本から教えなければなりませんでした。でも皆さん、興味津々で一心不乱。最初は「大」一字だけを書かせたのですが、それに満足せず、すぐに難しい漢字に挑戦していました。母国は米国、英国、オーストラリアのほかインドネシア、中国、インド、中東諸国など多様でしたが、多くの学生が国費をもらっているようでした。このためすごく真面目で優秀に見えました。そんな彼らを目の当たりに「日本の若者ももっとしっかりせねば」と一瞬考えこんでしまいました。
 

岡嶋君を悼む会に急きょ変更

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 9月13日(木)08時47分40秒
返信・引用
  きのう新城会を開きました。岡嶋君の突然の逝去で参加予定だった浅井さん、竹下さんが欠席せざるを得なくなり、出席者は城所君、後藤さん、阿部君、松林君、牧野君、惣田君、佐々の計7人にとどまりました。昼間、日銀に隣接する日本橋の「貨幣博物館」を見学しました。古代から現代までのお金の歴史を陳列された沢山の現物を見ることで学びましたが、和同開珎から大判、小判などいまだに眩さを失わない宝物には魅了させられました。このあと三井記念美術館に出向いたのですが、あいにくの休館。やむなく三越デパート内の高級喫茶店でコーヒーブレークを楽しみました。若干予定より早かったのですが、神田の寿々屋さんまで移動して宴を始めたわれわれは、新城会を急きょ「岡嶋君追悼の会」に変更しました。何度もこの会に同席したことのある岡嶋君を偲びつつ、全員で献杯を重ねました。  

追悼

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 9月12日(水)08時57分13秒
返信・引用
   また一人、岡嶋さんが旅立たれましたか。寂しい限りです。学年で1・2を争う屈強な体躯の持ち主だった彼とは確か2年間同じクラスで学んだと記憶しています。出身中学が違うこともあって余り言葉を交わすことはありませんでしたが、陽気な彼の記憶は鮮明です。

 国語で和歌の授業があった後、休み時間であったか掃除当番の時間であったか曖昧ですが、「あい見ての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり」と大声で何度も叫んでいたことを。今思うと、多分初恋が実る確信を得た頃だったのかも知れません。

 もう一つ、高2阿寺の七滝遠足の帰り道、大野はパスしたものの次の本長篠で抜けるか鳥居で抜けるか迷う私を励まして、新城まで歩き切らしてくれたのは、彼や上野さん・石井さんら新城中学出身の元気者達でした。日没後に歩く最後の新城中学前から東入船へかけての下り・登りの坂道にキツさを覚えたことを思い出します。西入船の下宿に帰ると両足にできた豆には血がにじんでいました。

 岡嶋さん、ありがとうございました。どうぞ安らかにお休みください。
 

レンタル掲示板
/583