teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


健康に問題無し

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年12月 9日(日)20時44分20秒
返信・引用
  しばらく投稿を中断していました。特段の理由があったわけでなく、単にさぼっていたまでのことです。お許しを!! 体調はまずまずですが、少々血圧が高いとの診断で先般24時間チェックを受け、ついでに高血圧をもたらすと言われる副腎のCT検査もしました。さらに胃カメラ検査など内臓全般も調べてもらいました。その結果は大動脈にやや異常がみられるものの、全般的には問題無しとの診断。ほっとしたところです。きょう同級生の方から「最近佐々さんの投稿が無い」との電話を頂戴いたしました。皆様には要らぬご心配をお掛けしてしまいました。
 
 

最近の散策!

 投稿者:音 川  投稿日:2018年12月 5日(水)22時21分18秒
返信・引用 編集済
  毎回西郷君の出来の良い文章から写真まで、全てに圧倒される日々で、有難く、
楽しく鑑賞させて戴いてます。私も近場ながらポンコツカメラを携えて時々散策
しております。
 11月下旬には、原三渓が横浜郊外に作った庭園で有名な三渓園と後日、竹林で
有名な鎌倉の報国寺などを訪ねました。
 三渓園には、横浜駅から市内のバス便、35分程の市内観光兼ねて行き、報国寺
は、鎌倉駅から同じくバス便で市の郊外まで行きましたが、いずれもやや曇天
 おまけに古いカメラと便りない腕の爲、ピンボケをお許し戴き、アップして
みます。
 

ご近所の紅葉(2)

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年12月 1日(土)18時31分42秒
返信・引用
  今日から師走、何かと慌ただしさを感じながらも暮れの準備とか賀状の用意とかはまだ気持ちが向かず、穏やかな薄日に誘われるまま近くの若山神社へ行ってきました。
紅葉の季節、多い年には週に2度3度と出かけるのですが、今年は半月ほど前に様子見に出かけたのみ。我が家からは標高差130m2㎞程ですが最後500mは階段を含めて標高差80m、徒歩で出かけるには大袈裟に言えばちょっとした覚悟がいる場所です。
この社のモミジは早い部分は11月半ばに紅葉が始まり、府の天然記念物ツブラジイや杉の林の中にあるモミジは12月に入って黄色に色付くので長い間楽しめます。
久しぶりの登攀?、既に散り終わっていると思われた紅葉も残っており、少し得をした気分でした。
 

ご近所の紅葉

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年12月 1日(土)07時43分41秒
返信・引用
  家から徒歩15分程、後鳥羽天皇・土御門天皇・順徳天皇を祀る水無瀬神宮の紅葉です。あまり大きくはないカエデが数本、周りの大木に守られて傷まずに紅葉シーズンを迎えています。境内の井戸は名水100選の「離宮の水」と呼ばれ、水を汲みに来られる方が絶えません。紅葉見物を目的に訪ねる方は殆どいませんが、水汲みの方はスマホを取り出して撮影して帰って行かれます。  

西国街道

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年11月28日(水)22時08分55秒
返信・引用 編集済
  西国街道とは京都から西国へ下る旧街道、隣町高槻市へ出る際は時間に余裕があり天気が良ければ、
最低でも往路・復路いずれかこの道5.5kmを歩くことにしています。
途中には有名ではないものの、結構奇麗な紅葉が見られる寺などがあります。
24日高槻で写真展を見て帰りの道中、コンデジで撮った一乗寺の紅葉です。
 

宇治田原の残り柿

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年11月28日(水)21時33分37秒
返信・引用 編集済
  宇治市の南に位置する宇治田原町は宇治茶の産地として知られていますが、「ころ柿」と呼ばれる干し柿作りの街でもあります。
小振りな渋柿を皮をむきムシロの上で干して甘く仕上げるのですが、好天が続くこの時期から12月半ばまでがその作業の最盛期です。
と言っても小さな柿を一つ一つ皮をむく手間、カビが来ないように、雨に当たらないように管理する手間も大変なようで、今はころ柿作りをする農家は減ってしまい、赤い実は放置されたままの木が多くあります。
今年はなり年に当たるのか、とりわけ朱色の輝きが目立ち、カメラマンに狙われています。
3枚目の木は昨年も撮りましたが、今年は昨年の数倍の実をつけているように思われまし(26日撮影)。
 

声がかかりましたので・・・

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年11月28日(水)21時15分28秒
返信・引用 編集済
  力石さんから声がかかりましたので、ここ数日に撮った関西の紅葉や秋風景をお届けします。
家から30分程の高槻市神峰山寺(かぶさんじ)、11月23日撮影の紅葉です。
関西の今年の紅葉は台風21号の影響で木が傷んだせいか、例年より1週間ほど早く紅葉していますが、枝が折れたり葉先が枯れたものが多くあまり出来は良くないようです。
神峰山寺は西側に山があり風の影響は少なかったようで、最上とは言えないまでも上の中位の出来と感じました。
 

同級会の高揚

 投稿者:力石和子  投稿日:2018年11月28日(水)12時35分29秒
返信・引用
   同級会を何とか終えて、伊丹さんの写真と小冊子を増刷してくださった御蔭で、欠席者の方46人程簡単な内容をつけてお送りしたところ、思いがけぬほど電話7件、はがき8通、封書5通の礼状をいただきました。

中には自作の絵を添えて下さったり、通信費の補填をくださったり、私はただ郵送の役をしただけなのに、学生時代はお話をしたことも無い方からいろんな思いを書いてくださり、同級生の温かさをゆっくり味わっています。

私独りで感動しては勿体無いのでお知らせいたしました。来年こそは出席したいと言う方もいらっしゃいます。八十歳をきりになどと思ってもいましたが、やはり人生百年時代かなと考えさせられました。

 西郷さんにお礼をひとつ。美しい紅葉の写真を見せてくださり、ありがとうございます。
同級会の作業と並行して義弟の看病、葬儀、があり秋を楽しむゆとりがありませんでした。心が癒されました。これからもアップしてください。

 

久しぶりです

 投稿者:伊丹晴生  投稿日:2018年11月17日(土)20時19分19秒
返信・引用
   今晩は。8月2日以来投稿をさぼっていました。体調が悪いわけではなく所謂ズル休みしていました。何時の間にか、猛暑の夏から涼しい秋になりました。その間10月の同級会には久しぶりに懐かしい皆さんと旧交を温め。元気をいただきました。
 その元気のお蔭で、相変わらずの魚釣りをしています。波の静かな三河湾でのゴムボート釣りで、狙う魚はキス。ところが今年は夏が暑かったせいか。9月末のキス釣りには、何とサメが3尾も釣れました。そして、11月4日の釣行では。写真のようにヒラメとカレイも釣れました。蛇足ながら、ヒラメとカレイの見分け方を。「左ヒラメに右カレイ」と言って、ヒラメは左側に目があり、カレイは右側に目があります。写真の左がヒラメ。右がカレイです。また、ヒラメは生きた魚を食べているので口が大きく鋭いです。
 そんなことをしている内にもう来年の年賀状の準備です。正に「歳月人を待たず」です。今、年賀状にどんな版画を彫ろうか考えています。
 来週からは寒くなるようです。皆さん風邪を引かないようにご自愛ください。
 

新城会を開きました

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年11月15日(木)15時47分10秒
返信・引用
  きのう新城会を開きました。遠くから来てくれたのは愛知から参加の浅井さん、竹下さん、内山君の3人、静岡からの関野君で、いつもの常連組を加えた総勢は計10人でした。一行は昼間、前回休館のため入館を断念せざるを得なかった日本橋の「三井記念美術館」を訪問しました。目下開催中なのが「仏像の姿」で会場内には平安、鎌倉時代に作られた観音菩薩、弥勒菩薩、不動明王、阿弥陀三尊などの木彫像が整然と陳列され、しばし厳粛な気分になりました。会場近くでお茶を飲んだあと、例によって神田の寿々屋さんまで地下鉄で移動、夕刻から今年最後の新城会を開きました。皆さん、まだまだとても元気でした。愛知から参加の竹下さんなどは日本橋から神田まで「歩こうよ」と提案するほどでした。
なお次回新城会は新年会を兼ねて新年1月23日に開くことになりました。
 

レンタル掲示板
/585