teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


多摩地区も大積雪!!

 投稿者:音 川 健  投稿日:2018年 1月22日(月)21時54分28秒
返信・引用 編集済
   東京多摩地区も大雪の本日、今年初の出陣ですが、宜しくお願いします。
 佐々君は、一家で大変でしたね! でも一応大過無く良かったです。
 私は、今朝10時頃から立川経由で八王子に出かけて、12時頃帰宅しましたが、
 雪は振り出していたものの、未だ12時の時点では、積り初めでしたが、昼以降
 本格的となり、当地17時時点では、約8センチ現在21時半では、20センチを
 超えてきまして未だかなりの勢いで、降っています。
  常連の西郷君にご心配戴いたように、4年振りの大雪で明日の朝から3日間
 程は後遺症が残り、スリップによる人身、車両の事故等がありそうで、巻き
 込まれないように注意が必要と思われます!
 16時半時点の積雪の様子のスナップを添付します。白一色の庭とベランダの
 手すりと近所の車の雪の様子です。
 
 

明日の朝が心配

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 1月22日(月)20時23分41秒
返信・引用
  久しぶりの大雪です。女房は朝早くから完全装備で上野の美術館に出かけましたが、早めに仕事(作品の出品準備)を切り上げ帰宅しました。一緒に住んでいるわけではありませんが、大学生の孫たちは、入学試験のシーズンに入っているため、朝から自宅待機だったので大雪の影響もなかったよし。とにかく家族はほぼ全員が無事でした。窓から外を眺めたら、いまだに降雪はやみません。この調子だと、積雪は明朝10センチを優に超し20センチくらいになるのではとみられます。そうなると心配なのが雪かきです。わが家の両隣りは雪かきできる人が居らず(1軒は90歳以上、もう1軒は留守宅)、負担はすべて私めにかかってくるからです。まあ腰を痛めないよう頑張るつもりですが・・・憂鬱です。  

南岸低気圧

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 1月22日(月)19時38分45秒
返信・引用
   関東は南岸低気圧の影響で大雪のようですね。交通機関への影響や日常生活への影響など心配です。当地も昼過ぎから雨、一時みぞれ交じりになりましたが今は雨。冷え込んでいますので近くの山も雪かと思いますが、煙っており確認できません。
 南岸低気圧と言えば、オーストラリアWhyalla市での猛暑を思い出します。南緯33度付近、スペンサー湾の奥に位置するこの鉄の町は、夏の終わりに南を通る低気圧に向かって砂漠から吹き出す"熱風"で猛暑がやってくることが多いようです。製鉄設備の据え付けで3週間ほど滞在した際に私もその暑さを経験しました。夕方仕事を終えてホテルに帰るとTVニュースは250㎞ほど離れたアデレード市で43℃とか伝えていましたが、宿の人はここでは50℃まで上がったと言っていました。乾燥しているので気温程の暑さは感じませんでしたが、眩しくて目を細めると、眼鏡の縁が頬に当たり、その熱さにびっくりすることが何度もありました。20年ほど前の3月初めの話です。
 

増上寺見物

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 1月18日(木)15時51分57秒
返信・引用
  雑事に追われ報告が遅れてしまいましたが、昨日、予定通り新城会を開きました。いま悪性の風邪が猛威をふるっているため、常連の後藤さん初め多くの仲間が体調不良でダウン。結局、参加できたのは愛知県から駆けつけた内山君を含め総勢6人(阿部、音川、惣田、内山、松林、佐々=敬称略)にとどまりました。あいにくの雨模様だったものの、6人は浜松町駅に集合した後、すぐ浄土宗大本山の増上寺に向かいました。正月の箱根駅伝の際にはテレビに必ず映し出されますので、ご存じの方も多いと思われます。江戸時代、徳川将軍家の菩提寺として栄えたそうです。大殿や宝物展示室を見物したあと、徳川家墓所も訪ねました。この増上寺のすぐ隣りにはテレビ塔があるので雨で眺望が悪いのは分かっていながら、中段(150メートル)まで登りました。(もちろん全員がトシを考えエレベーターを使いました)。増上寺とテレビ塔の見物を終えると、まだ時間は早かったのですが、いつもの店(神田の寿々屋さん)に向かい、新年会で大いに盛り上がりました。女性陣の参加がなく、いささか寂しい新年会となってしまいましたが、次回3月の新城会には多数参加の希望的観測もあり、楽しみを先に残しました。
 

雪の大原・鞍馬山

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 1月18日(木)08時45分13秒
返信・引用 編集済
   15日月曜日、写友10余名と共に大原へ撮影会で出かけました。この日を決めたのは12月下旬の例会ですが、前日の都道府県女子駅伝中継で雪が降ったことをを知り、参加者は一様に雪景色を期待していました。バスが宝ヶ池を過ぎ八瀬・大原と進むにつれて残雪から雪景色へと変わってまさに期待通り、三千院の境内には10㎝程の雪が残っていました。
 添付は三千院、近くの宝泉院と山を隔てた鞍馬寺での画像です。鞍馬寺へ着いたのは午後3時過ぎ、地面の雪は殆ど解けていましたが、日陰では凍結が始まりかけており無理はしないことにしました。
 

湖北の雪景色

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 1月14日(日)23時09分29秒
返信・引用 編集済
   大学入試センター試験が行われた昨日今日あちこちで雪に伴うトラブルが発生したとニュースは伝えています。滋賀県琵琶湖の北側福井県との県境付近は近畿では1・2を争う豪雪地帯、一晩に50㎝以上の積雪があることも珍しくありません。私の住む島本町の冬は一日快晴が続くことは珍しく、午後になると必ずと言っていいほど、雲が出て太陽を隠してしまうことが多いのですが、積雪はと言えば銀世界になるのは2・3年に一度程度、そんな訳で写真好きが揃っていても雪景色をモノにするのは容易ではありません。
 冷え込みと降雪の予報を頼りに、仲間の都合が揃う12日湖北を訪ねてみました。予報では午前10時ごろから雪の筈でしたが、標高120mの高島市マキノ町メタセコイア並木は11時半を過ぎても晴、ゆっくり昼食を摂り次に向かったのが標高350mの在原集落(在原業平と関連があるとのこと)、坂道を登り始め日陰に差し掛かると突然路面は真っ白に変化。付近の様子では前夜から朝にかけて降ったばかり、慌ててチェーンを装着して集落に向かうことに。集落は道路こそ雪かきされ融雪用水が流れているものの田畑は真っ白、傾斜の緩い屋根には50㎝程の積雪、その中に崩れ落ちそうな萱葺き民家も何戸か残り、思わず夢中に。ところが30分も経たない内に俄か雪、土地の人によれば冷えているから今夜は50㎝は積もりそうとのこと、仲間と来ているとはいえ雪に閉じ込められるのは嫌とここを切り上げました。
 次に向かったのは余呉湖、道中天気は良かったのですが、到着間もなくから雷が鳴り、またしても俄か雪、傘なしでは居られないほどで降り続く中、ここでも1時間ほど雪景色を楽しみました。今朝のニュースでは長浜市余呉の積雪は77㎝と伝えていました。私たちのいたころは3~5㎝程度でしたのでその凄さは想像もつきません。田畑に雪が残っていた在原は1m以上になったのではないかと思われます。
 

初寅

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 1月14日(日)10時15分35秒
返信・引用
   高槻市の山中にある毘沙門天を祀る神峰山寺の初寅の行事を初めて撮影に出かけました。初寅会は毘沙門天が寅の年の寅の日の寅の刻に出現したという縁日に由来し、雪交じりの雨が降る1月10日に行われました。初寅会は大峰山山伏による護摩祈願が行われ、五穀豊穣・商売繁盛・家内安全などを祈願します。初寅会の最後は護摩供養の残り火の上を裸足で渡る、一切の疫病を焼き尽くす火渡りの行で締めくくられます。写真で見ると熱そうですが、燃えさしの上に直径20㎝程の丸太を渡し、その上を歩くので子供でも平気なようです。  

ページが動かないので

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 1月14日(日)09時44分6秒
返信・引用 編集済
   正月から後に撮った写真を何枚か上げます。先ずは島本町尺代約60戸の集落に江戸時代から伝わると聞く御頭祭(おとうさい)の行事、島本町で都合40年近く暮らしながらも初めての見学でした。土地の氏神・諏訪神社の分神を自宅に祀り世話をする役目の御頭の交代に合わせて、氏子の安寧と豊作を祈願する神事で、毎年1月6日に行われています。朝から地区の公会堂に一家1名が集まって神事に使う大蛇に見立てた大繩を作り、午後の祭礼に先立ち神社に奉納。祭りはお祓い、祝詞奏上、弓射(的には「鬼」と書かれており、的の後ろの塀上には大繩が置かれ、邪鬼払い行事であることは私にもわかりました)と進み、最後は大繩を使っての綱引き(昔は小字に分かれて対戦し勝った方が地区長を出すとか、豊作になるとか言われて必死の力比べだったらしいのですが、今は和やかに写真撮影の私たちにも参加呼びかけがありました)で終了。大繩がどうなったかは見届けずに帰りましたが、この日集まったカメラは地元ケーブルテレビ・顔なじみの写友・他の一眼レフ数台・コンパクトカメラ数台・スマホとタブレット併せて30台ぐらい、地元の方の半数にも及ぶようにも見え、地域の伝統行事を感じさせてくれました。  

成人式

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 1月 8日(月)11時19分56秒
返信・引用
   〇 あっと言う間の正月でした。ことしは外出するのがちょっと億劫になり、有名神社への参拝はひかえました。その代わり近場にある諏訪神社へはお参りしました。正月三日には例年のごとく一族郎党が全員わが家に集合しましたが、色気づいた孫たちがボーイフレンド、ガールフレンドを携えて来たので、家の中は大型台風襲来並みのパニック。数えてみたら、われわれ夫婦も含め総勢は15人に達しました。正月早々、大宴会となり、空けた日本酒ビンは数知れませんでした。若い連中に気後れしまいと、私もガブ飲みしてしまい、体からアルコールが抜けたのは二日後でした。

 〇 玄関の柱に貼っていた正月しめ飾りを今日はがしました。そう言えばこちらでは昨日が成人式で、4人いる孫のうち一番若い子が成人となりました。これで孫全員が成人となりました。われわれがトシを食うはずです。孫が出席した流山市の成人式風景をアップしました。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:伊丹晴生  投稿日:2018年 1月 1日(月)08時25分13秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。穏やかな俶明けとなりました。本年が穏やかな年でありますように。
皆さん、新しい気持ちで素晴らしい新年を迎えられたと思います。私も気持ちを新たにしたところです。
「歳月人を待たず」とはよく言ったもので、本年の3月までには全員が78歳になります。私も1月31日で78歳です。昔ならば78歳は、いいお爺さんお婆さんでした。でも私には全くそんな気持ちはありません。皆さんも同じだと思います。まだまだこれからという気持ちで平成30年を有意義な年にしましょう。
添付写真は、手作りのミニ門松と、拙い版画年賀状です。
アナログ作品をデジタルのパソコンで投稿しました。これからもこの両方を上手く使っていきたいと思います。
蛇足ですが門松の竹が、節のところでカットしてあります。
博学の中根君に聞いたことですが、竹の切り口が笑った口に見えるので「笑う門(松)には福来る」と縁起がいいのだそうです。福が来てくれるとうれしいです。
 

レンタル掲示板
/574