teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ヒメボタル

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 5月20日(日)14時44分2秒
返信・引用
   昨年初めて撮影したヒメボタル、今年も楽しみにしていましたが、17日夜半までの高温続きで一気に増え、18日からの涼しさで一気に終わりに近づいたようです。勤めをもつ写友が待っていた週末で、同伴してみましたが18日未明の飛びに比べると2桁ダウンと言った状態でした。
 18日未明の画像を貼っておきます。
 次は新城からの「ササユリ」便りを待っております。
 
 

ホタルシーズン到来

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 5月16日(水)20時03分5秒
返信・引用 編集済
   昨夜、今年最初のホタル撮影に行ってきました。場所は余り遠くない河川敷にある森、知る人ぞ知るヒメボタルの生息地です。ヒメボタルは湿った森の中に棲み、メスは羽が退化して飛べず、飛ぶのはオスのみ、1秒に1回ぐらいでパッ・パッと閃光を放ちながら地上のメスを求めながら数10㎝の高さを飛び回ります。ヒメボタルは宵型と深夜型とあるとのことで、近くのそれは深夜型、夜の11時過ぎから午前2時過ぎにかけて活発に飛び回ります。
 30秒露光の画像10枚を比較明合成した画を貼ります。
 比較明合成とは2枚の画を比較して明るい部分だけを元の画に加えていく合成の方法です。ホタルの撮影では一定時間例えば30秒間露光するとその間にカメラの前を通過したホタルの光跡が写ります。長時間露光にすればするほどホタルは賑やかに写る筈ですが、バックが明るくなってホタルが見えなくなってしまいます。この様な場合に比較明合成を使うとバックも明るくなり過ぎることなく、暗闇に多数のホタルの光跡が記録されるという、便利な画像編集方法です。
 

新城会を開きました

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 5月10日(木)10時03分4秒
返信・引用
  きのうの新城会はあいにくの雨と肌寒さにふるえる悪天候でしたが、愛知の浅井さん、内山君、静岡の関野君が加わり、にぎやかな会となりました。関東地区からは松林君、阿部君、後藤さん、音川君、惣田君(飲み会のみ参加)、佐々が集まりました。今回のお遊びのメーンは上野で開催中の絵画展見学でした。上野はいま展覧会真っ盛り。チケット購入だけで長蛇の列ができ入場までに1時間待ちが常識でしたが、阿部君が希望者には事前に手に入れてくれていたので皆さん難なく入場できました(国立西洋美術館でのプラド展)。事前購入しなかった連中は別行動をとり東京国立博物館の「名作誕生-つながる日本美術」を見学しました。洋画派と邦画派に分かれましたが、私が見学したのは日本美術の方でした。あいにくの悪天候と連休明けでチケットはほとんど並ばずに入手できました。作品は伊藤若冲、雪舟、岸田劉生、菱川師宣、俵屋宗達などそうそうたる人のものばかり。その伝統美を十分味わいました。夕刻からは例によって神田の寿々屋さんに移動し宴を開きました。まだまだ元気いっぱいの参加者たち。そこらの若者に決して負けない飲みっぷりでした。次回新城会は7月11日(セブンイレブン)に決まりました。

 

川越でした

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 5月 8日(火)14時07分41秒
返信・引用
   〇 西郷君、正解。たいしたものです。人生の過半を関東で過ごした私でさえつい最近まであまり知りませんでした。今回が20-30年ぶり二度目の訪問でしたが、印象としては飛騨の高山みたいな感じでした。古い木造の鐘楼「時の鐘」は川越のシンボルで、いまでも一日4回鐘の音が響き渡るそうです。街は重厚な蔵造りの商家が並び、近所には氷川神社や川越城本丸御殿、菓子屋横丁などがあって連休最後の休日を楽しむ若者たちでごった返していました。

 〇 あした(9日)新城会を行います。昼間、上野公園で展覧会を楽しんだ後、例によって神田の寿々屋さんで一杯やります。今回も何人かが愛知方面から参加してくれそうで、とても楽しみです。飛び入り参加大歓迎ですので、その気がありましたら、当ホームページの巻頭部分に詳細が書いてありますのでご覧になり、参加してください。お待ちしております。
 

川越市

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 5月 7日(月)18時45分12秒
返信・引用
   佐々さん出題の街は川越市ですか。レトロな街の風景がいいですね。この塔の画は何度か見た記憶があり、最初は川口市が頭に浮かんだのですが、確認するとそれらしい塔が見当たらないので検索をかけました。遠くにいると川越も川口もゴッチャになってしまい、お恥ずかしい限りです。
 私の連休は玉ねぎの収穫や絹さやの片付けとその後の畝作りなど、少しずつ4日間汗をかきました。どこか近くで撮影をと考えていたのですが、どこへも出かけることなく終わりました。連休を外して今週後半は写友と新緑撮影ツアー?の予定です。
 添付は連休前に淀川河川敷で撮ったニセアカシアです。昨秋の出水で傾いたせいか花房が小さいようですが、それ以上に気になったのは一匹のミツバチも見当たらなかったこと、露地栽培の夏野菜の収量に影響が出るかも。
 

人気沸騰の街

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 5月 7日(月)10時40分57秒
返信・引用
  関東にお住まいの方ならご存じと思います。連休終盤の5月5日にいま若者中心に人気沸騰の街に行き遊んでまいりました。街の名前を当ててみてください。ちょっと簡単すぎるかも。
 

ペンキ塗り

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 5月 1日(火)11時02分35秒
返信・引用
  ゴールデンウイーク真っ盛り。みなさん、それぞれに楽しんでおられることと思います。もう働いている方は少ないでしょうが、それでも長い休暇が来るとホッとしますね。私は特に計画を作らず、赤字(休暇のサイン)のカレンダーを横目に見ながら、近場をブラブラする程度です。休み前半は誘いを受けた友人宅(野田市)への訪問、知り合いの人が出品したフラワー展(柏市)などで2度ほど外出しましたが、あとはもっぱら自宅で「労働」しました。「労働」とはややオーバーですが、体を動かしたのは真夏並みの暑さの中での「ペンキ塗り」。築40年を軽く超えたオンボロ家。7-8年前業者に頼み全部塗り替えたのですが、ここへきてあちこちにひび割れや、色あせが目立ち始めたので、ホームセンターでペンキや刷毛など一式を購入、頑張りました。素人だけに出来栄えは、とても褒められたものでなく「シマウマ」だらけです。でも、他人がどう見るかより、おのれの努力を勝手に評価したい気分でいます。ゴールデンウィークの中盤から後半にかけては子供や孫たちが連れ合い、友人をつれて順次大挙して押しかける予定。ペンキ塗り替えで外観は若干良くなったものの、家の中はしばらく掃除機もかけておらず、散らかし放題。ですのでゆっくりできない日がまだ続きそうです。添付写真は友人宅の「なんじゃもんじゃ」。とても可憐な花をつけていました。
 

雨天の前に藤の花見を!

 投稿者:音 川  健  投稿日:2018年 4月25日(水)11時25分21秒
返信・引用 編集済
   本日現在までは、かなりの雨がありましたが、昨日午前中に、JR立川駅から
 バスで約25分の日吉神社と拝島太師の直ぐ近くにある昭島市拝島公園内の藤棚
 の見事な花を堪能し、写真も撮って来ましたので、アップします。
 ご存知のように足利フラワーパークの大棚藤が有名ですが、当地の藤の大きさ
 は多分その10分のⅠ程度でしょうか、でも美しく咲き誇って丁度、満開の時期
 が間もなく来るといった絶好のタイミングだと思いますのでご笑覧ください!
 なお、3枚目は、途中の沿道のハナミズキの花です。
 

身延山

 投稿者:佐々信之  投稿日:2018年 4月20日(金)15時50分49秒
返信・引用 編集済
  会社時代の同僚3人と山梨県の下部温泉で一泊してきました。50数年前、新婚旅行で訪れたほか新城会でも来たことがあり、それ以来の三度目。昼間、われわれが訪ねたのは身延山。最近、「癒しと信仰」のパワースポットとして若い人にも人気が出ているそうですが、目立ったのはここも外国人でした。雨上がり直後だったので新緑がとてもきれいで、爽快な気分に浸ることができました。関東一の高低差があるというロープウエーで奥の院まで登り、南アルプス、八ヶ岳、富士山(?)などのマウンテンビューも楽しみました。身延山には日蓮宗の総本山久遠寺があり、その境内に樹齢400年という枝垂れ桜がありましたが、残念ながらすでに花は散ったあとでした。でもそのすぐ近くでシャクナゲが見事に咲き誇っており、ちょっぴり溜飲を下げました。西郷君や音川君の投稿作品と違って私の写真はスマホで撮ったものです。芸術性皆無。ご容赦を。


 

関西最後?の桜

 投稿者:西郷忠男  投稿日:2018年 4月13日(金)21時12分4秒
返信・引用 編集済
   例年ですと4月下旬ゴールデンウィーク直前に満開になり、関西最後の桜と言われてきた奈良県曽爾村の屏風岩公苑の桜が満開になったとの情報があり、昨日は長途遠征しました。午前3時過ぎ出発午後5時前帰宅、途中の道草も含めて700枚ほどをカメラに収めてきました。
 屏風岩公苑の桜は300本ほど、数本を除き全てが山桜、ばらばらに開花するのが普通ですが、今年は一気に高温になったため、早咲きも遅咲きも一気に咲き揃ったようです。時ならぬ開花で観光客は少なめと思われましたが、午前6時には関東の著名写真家の顔もあり、桜名所の一つと再認識しました。
 

レンタル掲示板
/577