teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昇級審査

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2010年 9月 6日(月)21時51分19秒
  審査も無事終わりました。日頃の成果は発揮できたでしょうか?

感想を言いますと…率直にいうと、白帯の子は初の審査にも関わらず、全員上手に基本に忠実にしようという姿勢が見えました。私の評価はかなり良かったですよ。…前回の審査より半年。進歩している子も、残念ながら成長していない子も見受けられました。半年間、何を稽古してきたのでしょうか?同じ説明を受けているのに出来ること出来ない子がいるのは、やはり【聞く姿勢】ができていない、ということではないでしょうか?

説明されているときに、①顔が向いていない②姿勢がきちんとできていない③顔は向けていても集中して聞いていない…ボーっとしている④返事が出来ない⑤説明された通りにしようとしない…などの様子が見受けられます。④に関しては大勢に問うと、誰かが返事するだろう、と黙っていたり、さらにひどいのは名指ししても返事しない。わかったのか、わからないのかの意思表示も無く。これは日頃からしつこく言っている、【気合】を出すことも同じです。自分が出さなくても一緒にやっている誰かが出すだろう、と。⑤に関しては技術的にすんなり、出来る、出来ないはあると思いますが、うまくいくようにやってみようという工夫・変化が見られない。何度やっても同じことの繰り返し。これでは成長はないですよね。それでいいよ、と太鼓判を貰っているわけではないのですから。

形・移動の最中に引き手!というと出来たり、私がそばに行くと前屈や引き手や、突きをしっかり握るのを直したり。わかっているなら常にやりなさい!!きっと、意識付けの問題なんだと思います。判っているけど常にはやらない…気が抜けている証拠です。それでは上達は程遠いなあ…と思います。遅い時間来ているのにもったいないです。

それと、待ち時間に注意されても私語を続けていた子…非常に残念でした。上の人がする技術、これは普段同時に稽古しているから見られないですよね?どうやったらここまで上達できるか、しっかり見てほしかったです。あまりにも目についた子は減点マークをつけさせてもらいました。どう反映されるかわかりませんが、上手にできていた子もいるだけに残念です。審査は当日だけの技術だけでなく、礼節(挨拶や稽古に臨む姿勢)、普段の稽古での技術も審査対象だと常日頃言われています。頑張ったのに、あまりいい評価でなかった、という子は自分の普段の様子はどうか、もう一度見直してみて下さい。

空手は自分との闘い、といいますか、上達度がはっきりと目に見えないのでなかなかモチベーションを保ち続けることが難しい競技だと思います。でも、あいつには負けたくない、とか、置いて行かれたくないとか、一緒に頑張って昇段目指したい、とかいう仲間が出来るといいですね。私の場合は同じ時期に入会した前田先生ですね。常にいい意味でライバルで、同胞で…。同じように審査を受け、同じレベルで頑張ってきました。お互いにちょっとここは…と思った時は注意しあってきましたし、それは今でも変わりません。そして、先に始めていた岡田小百合先生。自分たちがまだ白帯で基本形とかをしていた頃、平安四段をされていました。とても羨ましく、早く習いたい、追い付きたいと思ったのを今でも覚えています。子供たちにも最初はなんでおばさんが??と、こんなんも出来んのん?的な目で見られ、絶対黒になって見返してやる!!と必死で稽古したものです。私たちは稽古を始めて8年余りです。負けん気の強さは誰にも負けないという勝気な性格もありますが、やっぱり手を抜かずに稽古してきました。決して大人だからできる、というのではなく、キチンと説明を聞いたり、実践したり、質問したり、努力はしてきたつもりです。みんなも、よきライバルを見つけてみるといいですね。馴れ合いでは決して上達はないと思いますから。

長くなりました。12月の年末まで行事が目白押しです。試合ではいい結果が出せるよう、頑張って下さいね!!期待しています。私も形の部に出ます。今年はどうなるか…ですね。自由形をうてる準決勝までは行きたいものですが。どうかな~(汗)
 
 

昇段審査

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2010年 7月11日(日)22時30分4秒
  今回も昇段審査、無事終わりました。
城空館より5名受審し、少年初段3名、少年弐段1名、一般初段1名、是認無事合格しました。おめでとうございます。

毎回毎回、言いますが…これからが本当のスタートだと思います。私も黒帯を頂くまでは自分がやるだけでしたので、結果も全て自分にかえってきますし、しんどいけれでもただひたすら稽古するだけでよかった。でも、黒帯となるとそうはいかない。指導者として、きちんと技術を伝える責任があり、間違ったことを教えるわけにはいかない、日々勉強です。師範・支部長の指導される言葉・姿勢を見ながら学ぶ毎日です。でも、黒帯になってからさらに深く考え、理解できることが多く…迷うこともあるけれど稽古に励む事が出来ています。

また、少年は指導に回るわけではないのですが、やはり、ひたすら稽古していた時と違って新しい形を覚えることもありますし、また、分解などのさらに理解を深めることが必要となってきます。また、小さい子に近い存在だから、色々をえたり、助けたりしてくると嬉しいなと思います。

私は指導者といってもまだまだ発展途上です。みんなと一緒に学びながら精進していきたいと思います。お互いに頑張りましょう!

そして、一般生のいしださん。合格おめでとうございます。指導者がまた一人増えて嬉しいです。女子部は活発ですね!頑張りましょう!自由組手、カッコよかったですよ。
 

城本杯

 投稿者:管理人  投稿日:2010年 6月 6日(日)22時42分53秒
  本日はお疲れ様でした!4月から入った子の保護者の方にも補助員をお願いし、殆どの方が自分の子を見ながらの補助員で、ご迷惑をおかけしましたが、みなさん、よく動いて下さり、大きな遅れも無く、無事終えることが出来ました。本当にありがとうございました。おそらく、ミスはしないか…と緊張しながらのお手伝いだったとは思いますが、間近で見た、子供たちの様子は如何でしたでしょうか?補助員をしていく中で、ルールや、判定の基準、子供たちの様子、他の選手の様子や取り組む姿勢など…色々なことが見えてきて、より一層空手競技を楽しむ事が出来てくることもあるかと思います。今後も、また試合はあります。その時もどうぞ、ご協力をお願いいたします。

…それと…、毎回の事ですが、いつも本番に入ると私も余裕を持って取り組む事が出来ず、補助員の方に声かけや、聞かれたことに丁寧に返答できていない部分もあったかと思います。毎回、試合が終わるたびにもっと別の声かけの仕方があったんじゃないか、もっと周りに目を向けることが出来なかったかと、反省ばかりです。すみません。私も成長しなくちゃ…ですね。でも、保護者の方あってのこの試合が開催できるわけで、本当に感謝しております。また、今回は他の支部の方も補助員をお受け頂き、当方の保護者の方を含め、最後にきちんとお礼を述べられませんでした。この場を借りしてお礼申し上げます。

さて、子供達はいかがでしたか?指導員として、普段は見られない子供たちの姿を垣間見ることもでき、収穫のあった試合でした。正直、他の支部に総なめか?と思うこともあったのですが、今回は多くの子が上位に名前を挙げていて、初めてベスト4に入った子もいて、多くの自信を持つことが出来たのではないでしょうか?

今回の試合で、得た自信や、悔しい気持ち、それを今後の稽古に活かしてけるといいですね。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2010年 1月 4日(月)15時16分8秒
  あけましておめでとうございます門松

有意義な年末年始でしたでしょうか?

さて、平成21年も始まりました。初稽古は1/8(金)第二小です学校
今年も新たな目標を立て、達成できるように頑張りましょうパンチ

今年も宜しくお願いします土下座
 

昇段審査

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2009年12月 9日(水)11時32分48秒
  昇段審査、終わりました。

結果は…全員合格!!
少年初段8名、少年弐段1名、一般初段1名、一般四段1名、一般五段1名。

審査を写真撮影しながら見ていたのですが、みんな上手でした。途中から、生で見なくちゃいけないと思うくらい…。本当に自信を持って合格しました、といえる出来でした。

審査前の稽古ではかなり厳しく注意され、自信のなさそうな子もいたし、声が出ない、気持が前にない、何度も同じことを注意される…等々…不安要素はいっぱいでした。審査も夏に受審出来なかった分、今回の子は足掛け一年です。1級を取得して1年近く、モチベーションの下がりをかなり心配し、言われないと自主稽古しない場面も多く、何度も歯がゆい思いで…。でもそれを吹き飛ばしてくれました。

さて、稽古でも言いました。今までも言ってきましたが、これからが本当のスタートですよ。いろんな形をマスターし、技術を学び、形の分解(意味)を考えながら稽古しましょう。審査会で森下本部長もおっしゃっていましたよね。そして、色帯の子を引っ張って稽古する子になってほしいと思います。おめでとう!

そして、私事ですが、今回長男がやっと審査を受けさせていただき、無事合格しました。本当にこの子はみんなと一緒に受審させてもらえるのか、心配で稽古ではま~かなり怒りましたよ。のんびりしすぎというか、多分、本人的には何とかしなくちゃという気持ちはあったのでしょうが、うまく出来ないと委縮していたのか…。気合だけでも出してくれればいいのにそれすらも…。ただ、2週間くらい前から少し形が決まってきて、お?とは思ったのですが、親というものは欲なもので、出来てもはい、次、と上を期待するんですね…。今から思えば、もっち細かいことも褒めてやればよかったと思います。あの時は私も必死だったもので…。審査当日は腰の高さ・肩力みすぎ、とまあ、ありましたが、我が子ながら自信もって合格!!といえる出来栄えでした。見ていて気持ちよかったです。これが続いてくれるといいんですけどね。ほかの指導者の方にも「ぶち良かった!!かっこいい。(…普段もあれだけすりゃあ…とおまけつきですが)」と褒めてもらい、ちょっとくすぐったかったです。でもうれしかったです。以前にも書きましたが、親子で約束組手。稽古で軽く一度でしたが、やっと叶いました。やる?と言ったらいいよ、と。前は一緒に形稽古をするのも嫌がっていたのに。こっちが少し照れ臭かったです。昨年の新年の目標から一年遅れですがやっと叶いました。これも、叱りながらもしっかり稽古して下さった先生方のおかげです。それを忘れないで欲しいと思います。そして、中学生となり、クラブで毎日6時半に帰っても7時の稽古には週3は通った長男を心から褒めてやりたいと思います。私なら無理だったかもしれません。そういった点からも長男は強いと思うし、これが今後の人生において、きっと大きな糧になることでしょう。本当に良く頑張りました。おめでとう!

まえだちゃん、次男君は良かったね。間に合って。も少し早ければ、と思うよね。直前の稽古不足だったけど、良く頑張ったよね。稽古に行けない間のジレンマはよ~くわかります。合格、おめでとう。
 

新型・・

 投稿者:まえだ  投稿日:2009年12月 2日(水)16時32分16秒
  審査1週間前だというのに・・次男(初段受審)が新型インフルに掛かってしまいました。
稽古に行けないもどかしさと、不安とで頭が一杯です(-_-;)
土曜日に稽古再開できますが、次の日審査でホント心配です(T_T)
手洗い うがいマスクなど、徹底的にがんばってたのに がっかりの1週間になりました。
毎日の元気に感謝だなと、しみじみ考えさせられました。
みなさんも、気をつけてくださいね。
 

新市奉納試合

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2009年11月23日(月)17時50分12秒
  無事、終わりました。心配していた雨もそんなにひどくなく、全員事故・怪我もなく帰宅しました。3名、発熱のため欠場となり、残念でしたが、その子たちの分まで頑張りましたよ。

前西君が1.2年生組手の部で準優勝。同じく、竹本君が敢闘賞(ベスト8)。中学2.3年生の部で片川君が敢闘賞(4位)という好成績でした。他の子も、運悪く優勝者と当たったり、緊張のせいか、普段のように手数が出なかったりして、残念な結果となりましたが、いい経験が出来たと思います。この経験を生かし、来年も出場出来るよう稽古に励みましょう!

今回行けなかった子も来年は出場出来るように頑張りましょう。
 

審査

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2009年 9月12日(土)13時04分39秒
  お疲れ様でした。成果は発揮できましたか?

やはり気合がないです。非常に残念でした。どうして人に頼るのですか?声を出すのは恥かしいですか?稽古でも、審査当日でも休憩後にも話したのに。

気合を出すことはその一瞬の力をすべて出すことが出来ます。突き・蹴りが速くなり、体もぐっと引き締まり、重心がぶれません。そして、気持の入れようが全く違うと思います。

【誰かが出してくれるだろう】【自分ひとりならバレないだろう】は大間違いです。その子の目を、所作を見れば必ず気合が入っているかいないかは必ず見破られます。

審査の結果はどうかわからないけど、結果が思わしくない子はもう一度稽古に対する姿勢…挨拶・返事などの基本的なことはできているか、何度も同じことを注意されていないか、などなど振り返ってみてください。

前にも言いました。常に目標を掲げ、稽古しましょう。回数来ているだけでは意味がありません。何のために夜遅くに稽古に来ているのか、送迎や早めの食事の準備、道衣の洗濯をしてくれる保護者の方への感謝…そのことも踏まえて稽古に臨んで下さい。指導員も人間です。真剣に稽古に取り組む子には本気で応援・バックアップしたいと思います。
 

おつかれさまでした!

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2009年 8月 2日(日)16時32分10秒
  大きいイベントの夏季合同稽古&BBQが無事終わりました。心配された前日の雨も上がり、暑い中、楽しく過ごすことが出来たのではないでしょうか?

稽古は普段会うことの少ない他の教室の子と稽古でき、BBQではそうめん流し・焼き肉でお腹を満たし(?)、お楽しみ抽選会ではわくわくドキドキの一瞬でしたね。

一番心配していたのは景品を前にした子供たちの反応ですが、まあ、いい反応があったと思います。思ったものが当たらなくて涙した子もいましたが、それもまあ、仕方ないです。【運】ですから。兄弟・家族が同じものがあたった子もいますが、くじは中でバラバラになっており、名前は見えないので意図して選んだわけではありません。悪しからず。

毎年、限られた予算で(かなりの低予算だと思いますよ。くじのない人は無料ですし)景品を探すのは頭が痛いところなのです。毎年、同じものでは飽きますし。来年の特賞は何にしようか…。もう悩んでいます。今年は思ったよりくじの参加者が少ない分、景品の単価は高くなっていまいました。ラッキーでしたね。

さて、今後は9月の昇級審査・筆祭り演武、10月の町民体育祭(熊野の子のみ)、11月の県大会、12月の昇段審査会・熊空連…と大きな行事が目白押しです。指導員はフル稼働で指導に当たり、休みもない日が続くと思います。ぶっ倒れないようにんにく食べて頑張ります。
 

無事合格!です。

 投稿者:ぐっち@管理人  投稿日:2009年 7月 8日(水)11時49分41秒
  審査、終わりました。そして全員無事合格です。指導員も二人誕生!!嬉しいことです。ちちさんおめでとうございます。やはり、初段の時が一番感動しますよね!!これからも一緒に頑張りましょう!!

審査後、書き込みをしようと思ったけど、なんだか気が抜けたようでPCに向かえませんでした。今、思い出しても、審査当日のことは覚えていません。すべて大きなミスはなく、出来たようですが、いい出来だったのか、そうでなかったのか、納得のいく出来だったかそれすらも覚えていません。一番の気兼ねだった、ワンシュウでラストにきちんと飛べたこと、組手の5本目で払いができなかったこと…それは覚えています。

城本杯が終わり、それから本格的に稽古に入り、怒涛の1ヵ月でした。これまでも週3は稽古に行っていましたが、指導に回ることが多く、1ヵ月前から週4に増やし、(月)と(木)(日)以外は毎日稽古で目に汗が入る程、汗をかき、動いていました。仕事の後にご飯の用意をし、かきこんで、稽古に行き…。でも、前に書いたように今思えば濃度の濃い稽古をしていなかったと思います。時間が本当にもったいなかったです。もっと早く、しておけばよかったと。年々、体力の衰えを感じ…それでも得るものは確実にひとつはあって、先生方の指導のもと、少しずつ改善し、感覚を思い出しながら出来、おかげさまで無事合格できました。ありがとうございました。当日はいい緊張感も手伝って合格という結果をいただけたのかもしれません。

城空館は師範はじめ諸先生方は講習会に参加され、それを稽古で教えて下さいます。私が講習会に行っても改めて直さなければならないことはほとんどなく(技術でできているかは別として)いつも、稽古で習っていることは正しいんだと実感しています。城空館の子は本当に幸せですよ。

これからは指導に回ります。気合い・返事など声を出すこと、集中して一生懸命することを中心に見ていきます。懸命にやって出来ない子を叱ったりはしません。手を抜く子はビシバシ指導していきます!!

個人としては、8月には約束組手の講習会がありますのでマスターして参加できるようにしたいと思っています。それが私の当面の目標です。
 

レンタル掲示板
/9